本文へ移動

伊勢崎市ファミリー・サポート・センター

ふぁみさぽブログ!

子育てお役立ち講座「子どもの心の発達とその問題」~保育者・支援者の関わり~

2020-01-30
令和2年1月30日(木)10時~12時あかいしこども園ホール
幼児教育センター 保育アドバイザー
岸 織江先生         参加者17名(子ども1:10か月)
 
 笑顔ワークで参加者の距離をグッと縮めて講義開始。疲れた脳はパンパン。静寂な時間をつくり、自分を癒す方法を持つことが大切。
 子どもの発達には順番があり、大人の都合で早めようとする良くないことが起きる。子どもを良く見ていれば、その順番は分かる。赤ちゃんの時は、泣いたら直ぐに抱き上げる。お腹が空いたらミルクをあげる。欲求に応えてあげることが大切。その時の感じ、注がれた愛情が脳の潜在意識に貯まる。これほど大切なものはない。理屈を超えた世界。これが基礎になり、しつけや運動・学習の意欲へと繋がっていく。大人が出来ることは、環境を適切な用意すること、出来たことを褒めて発達の意欲を持たせること。いたずらや、いっけん無駄に見えることを規制しすぎると、自発性が育たなくなってしまう。
 
 ファミサポの活動により、人の善意を信じて信頼しあえる関係を大切に育てることは、親子の関係のあり方にも良い影響を与えることになる。気持ちのやりとりで人と繋がることが出来る。人は人によって癒されるのだ。
 あとひとつ。食生活の研修でも出てきた「早寝・早起き・朝ごはん」について。なぜ大切か?脳の機能、セロトニンやドーパミンがサイクル良く出てくる子どもになり、自立へ繋がる。「習慣が人間を育てる」これは、いくつもなっても言える事。(ドキッ)
岸先生♪
ご参加の皆さま♪
 
ありがとうございました♡
 
 
 
午後の神立先生も午前の研修から一緒にご参加いただきました。岸先生と神立先生を囲んでの給食を食べながらの歓談の時間も気づきがいっぱいの有意義な時間となりました。
社会福祉法人淳尚会
あかいしこども園
〒372-0055
群馬県伊勢崎市曲輪町24-11
TEL:0270-25-1874
FAX:0270-75-5784

通常保育
早朝保育
長時間保育
延長保育
放課後児童クラブ
0
3
3
2
9
8
TOPへ戻る